那波屋なばや

御挨拶
 ”那波屋”は水戸市下市にあった米屋です。かなりの大店で祭りのときは、店で山車をだしたと聞いています。もっとも、このような”はなし”の常で、現在の水戸市下市には那波屋の影も形もありません。ただし、名残は残っているようです。直系の子孫としては、なんとも”那波屋”の名が惜しく、数十年前に電子データの販売と、その著作権の管理とを目的とした合名会社の設立を計画いたしました。しかし、販売すべきデータもなく、そのまま放置しておりました。その後、2020年3月で退職したの元大学教授、住谷芳幸のデータ(無償)を扱うために、ネット上に”nabaya.net”を立ち上げています。
 2020年11月26日、『附釋文互註禮部韻略』索引、『附釋文互註禮部韻略』反切、『増修互註禮部韻略』索引、『増修互註禮部韻略』反切を追加しました。
 2022年05月31日、『古今韻会挙要』30巻の本文を追加しました。印刷イメージです。データ自体は横書きです。上記、データ(無償)で御確認ください。
 2022年06月21日、『附釋文互註禮部韻略』5巻の本文を追加しました。
印刷イメージです。上記、データ(無償)で御確認ください。

 『説文解字通釈』(『説文解字繋伝』巻一から巻三十まで)30巻の電子データを作成し、超漢字用の
データは無償で公開し、GT書体を使用したRTFファイルのデータは販売しております。購入を希望の方は、必ず見本を確認し、御連絡ください。
2022.05.31 武右衛門記

那波屋へメール (送信時、@の前の#を削除してください。)